オステオパシー
人体の構造と機能を追求し、身体の自然治癒力を増大させ患者さん自身の治癒力で症状に向かいあいます。

内臓整体、頭蓋骨開放、むちうち、ぎっくり腰などの急性のものに対する治療、
整体
徒手、手によって症状にあたる推拿という施術方法を用います。
お客さんの身体に与える良性の刺激を経絡、神経、筋、骨格、血液の流れに作用させ症状を取り除きます。

筋肉調整、
カイロプラクティック
骨格、筋、関節などの症状に対して直接的にアジャストします。

アジャスト、矯正等によって関節可動域の回復を目指したり、固まった関節に刺激を与えることによって動きの回復を目指します。
カウンセリング
心理的なストレスが影響しない症状はほとんどないといっていいと思います、ストレスに対する有効な手段がみつかると症状の軽減にも役立ちます。
適応症状の一例
五十肩、首背腰痛、膝、足の痛み、手足の痺れ、冷え、むくみ、慢性疲労感

吐き気、めまい、目のかすみ、頭痛、不眠、内臓疾患、便秘、自律神経系の症状、、、

むちうち、ぎっくり腰、

様々な症状に対応します。
お客さんの紹介①

男性、50代前半、自営業(家の内装工事など)、
これといった既往歴なし、
いつも1週間~2週間に一度の間隔で来て下さいます。
自営業、ひとり親方で、自分が働かないと仕事にはならないといったお客さん。
身体的な疲労感を取り除くのはもちろんですが、
「おおさわ整体に来てもらえる事によって」一種の気分転換やその行為自体が癒しになるように務めています。

職人さん系の方はあまり話さない、寡黙な、といったイメージが先行しますが、一旦積をきったら話す、話す、
ですので会話力も大切になってきます。
お客さんの紹介②

女性、80歳代前半、旦那さんはお亡くなりになられている、息子家族と同居、ほぼ1ヶ月に1度の割合で出張整体に伺っています。
年齢的にこれまでに何度かの病気や怪我の既往はあるが、現在‘特に’これといってなにか日常生活に支障があるような事はない。


年齢的になにか少しの事でも不安になることがあるので、そこを注意して気にかけるようにしています。

1ヶ月に1度、‘おおさわ君に来てもらって整体をする’ということを楽しみに考えてくださって生活のルーティーンにしてくださっています。

ですので、その1ヶ月にあったことの会話、変化を聞く、診ることを大切に考えています。
お客さんの紹介③

男性 50歳代中盤、大手保険会社営業(業務成積優秀)、
趣味のゴルフの後、約2週間に1度の割合で来て下さいます。
保険の営業というのも気苦労が多い職業だと思います、
仕事で根詰めて働いた分、週末のゴルフは気分転換にとても重要です。
一生懸命プレイした後での心身両面を整体で癒そうと御考えで来て頂いているので、そのあたりに注意し施術にあたっています。
お客さんの紹介④

女性、60歳代前半、工場勤務パート作業員
開業した当初から2~3週間に1度の割合で来てくださっている方です。
精神的に過緊張なタイプのお客さんで、おそらく仕事中にもかなり気を使われ身体、特に斜角筋と胸鎖乳頭骨などがいつも過緊張な状態で来店されます。

いかにこの過緊張を解きほぐすか、を常に頭において施術にあたります。
お客さんの紹介⑤

女性、20歳代前半、介護職
「20歳代前半で整体なんか来るの?」
との声が聞こえてきそうですが、男女を問わず若いお客さんも多く来られます。

今回紹介するお客さんは介護職に就いています、
お分りだと思いますが介護の現場の仕事というのは完全に肉体労働の現場のようです。
当然年齢に関係なく身体への疲労感、負担は大きいもののようです。

肩こり、背部、腰痛が主な訴えです。
お客さんの紹介⑥

男性、40代前半、建設作業員
いわずもがな、、完全な肉体労働、全身の疲労感をとることはもちろんですが、それだけではここで紹介することはないんですが、
このお客さんは幼き頃の家庭環境で精神的に少し影というのかストレスを感じやすい精神状態なんです。

本人は肩こりなどの筋肉疲労から頭痛や気分が悪くなっていると思っておられるんですが、
実は心身でいえば、心の問題の方が大きいんです。
お客さんの紹介⑦

女性、30代後半、パート勤務、事務職
今回紹介するお客さんはうちの整体だけでなく、もう1件カイロの施術も行っておられるお客さんです。

何を求めるか?はお客さんの自由なので僕的には僕以外の治療をしていただいても全く問題ありません。

うちに来ていただくときには「これとこれとこれをして欲しい。」というような明確な要求をしてくれるのでやりやすいんです。

骨の矯正はカイロで筋肉の調整はおおさわ整体で、

と言っておられます。
お客さんの紹介⑧

60代後半、会社経営、男性
人を使うというのは使われている方には解らない苦労というものがあるもんです、という落語のまくらがあるんですが、

このお客さんと接しているといつもその言葉を思い出します。貯め込んだストレスは自分へ向けられ胃、小腸などの消化器系を痛める。

肩や首の凝りはもちろんですが、背中、特に胃の反射点の痛みはヒドイですね。
お客さんの紹介No.9

男性、30代後半、営業職(車に乗って長時間移動)
座位、座った姿勢というのは腰にかかる負担がとても大きいです、
そしてこのお客さんは‘よく気を使う性格’、いわゆる繊細な方で、いわゆる胃を痛めやすい性格をされています。
座位による腰への負担からの消化器系への反射とのダブルパンチで胃に負担がかかっています。

そして‘いつも’胸椎7に痛みの反応と動きの制限があります、

会話のなかで伺うとジュースなどの糖分や栄養分の高いものが好きなようです、


ストレスの緩和を先ずは第1に考えています。
お客さんNo.10

男性、40代前半、実家が大きな会社を経営されている。
生まれた時から将来その仕事に就くことが決まっているというのも良いような悪いような、

今回紹介しているお客さんはそんなお客さんです。

「どこもおかしくなってるところはないですよ」と言っても、
なんかあるやろ‼どっかおかしなところあるやろ?

と、‘おかしなところがないとおかしい’おちつかない、

そんなお客さんです。
お客さんの紹介No.11

女性、50代後半、屋外で重いものを運ぶ仕事
いつも来店されるときは‘首が痛いんです’と言って来てくださいます。寝るときにおかしくなったんやろか?と思われるくらい、起きたときに痛みがあったり、動きに制限があったりするようです。

ここで僕が大切にしているのが痛い首よりも‘なぜ首が痛くなったのか、原因は何なのか’を考えました。

ポイントは重いものを運ぶ時に痛たのであろう背中、
タイトル画像
  • オオサワセイタイ
    おおさわ整体 上郡店ホームページ
  • 〒678-1232
    兵庫県赤穂郡上郡町竹万地図で見る
  • 090-5909-5795
  • 営業時間
    基本的には月曜~金曜の13:00~

    土曜は13:00~、

    日曜は10:00~、

    週末はお休みさせていただくこともあります、

    上記以外の時間なども必ず電話にて、

    問合せ、予約お願いします。

    最新情報はTwitter→【おおさわ整体】でご確認ください。

    よろしくお願いします.

    店主 大澤ともひろ

    m(__)m
  • 駐車場あり
    整体院の裏に田んぼを埋め立てた土地があります、
    狭い溝を渡りますがそこへ駐車してください。

Copyright おおさわ整体 上郡店ホームページ All Rights Reserved.